格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 比較

格安SIMとキャリアsimの違い【おすすめのブロードバンド紹介】

投稿日:

みなさんは格安SIMをご存知でしょうか。

名前だけ聞いたことがある方、実際に使っている方おられるはずです。最近はキャリアSIMでも格安プランが登場するなど、各社で通信料金の格安化が進んでいます。

では、キャリアSIMと格安SIMの違いについてご存知でしょうか。今回は、格安SIMとキャリアSIMの大きな違い、メリットやデメリット、おすすめのユーザー、そしてブロードバンドの紹介をします。

是非、参考にしてみてください。

 

【1.格安SIMとは】

まず、格安SIMとはなんなのかについて紹介します。格安SIMとは、簡単にいえば、通信料などが格安で使えるSIMの事です。

日本は、現状他の先進国と比較しても通信料金がかなり高額です。

各社ブロードバンド会社の戦略もあってなのですが、高額な携帯端末を買わされて、そのローン分と、通信費用、そして各社のサービスなどが知らずに携帯の料金プランに組み込まれているのです。

ですが、格安SIMは非常にシンプルで、ネット通信費、そして電話の通話料のみの支払いになります。

他にもサービスプランを契約していれば高額になりますが、基本的には、この2つの料金で構成されています。

そしてポイントが、大手携帯会社から、通信サービスを格安で仕入れていること。

データ自体は、docomoやauなどの通信キャリアからデータのやり取りを行っています。

イメージ、その大手会社のおこぼれをもらっているような感じで、安く通信ができると言う訳です。

 

【2.格安SIMとキャリアSIMとの違いについて】

では、実際に、キャリアSIMと格安SIMの違いについて説明します。

まず、簡単なところですが、メールアドレスがキャリアであれば専用のものが利用できますが、格安SIMは利用できません。

そのため、Webメールを別でアカウント作成する必要があります。

最近はSNSなどが流行しており、メールでのやり取りは少なくなっているので、ここを問題視する人はそこまで多くありません。

つづいては、電話料金です。

契約する会社のサービスにもよりますが、安ければ安いほど、電話の料金は別払いのケースが多いです。

大手キャリアの場合は、○○サービスや、○○放題といった電話をかけても課金されないシステムがあります。

そのため、電話料金については、そこまで気にならない方も多いはずです。

ここは大きなポイントで、電話をよく行う人の場合は格安SIMは不向きであると言えます。

そして、家族サービスなどの割引も基本的についていません。

ただ、もともとがかなり安く、2000円ほどで抑えられる場合もあるので、家族割がいらないと言う方も多いはずです。

ここで、纏めると

  • WEBメールアドレスが別で必要
  • 電話をするとお金が高い
  • 家族割などのサービスがない

といった違いがあることを覚えておいて下さい。

 

【3.おすすめのブロードバンドについて】

格安SIMのデメリットポイントを説明しましたが、それを気にされず利用したいと言う方におすすめしたい会社をいくつか紹介します。

まずは、Y!mobileです。最近ソフトバンクとサービスの提携を行うことが報告されましたが、比較的に通信が安定しており、なにより安いプランがあって選びやすいです。

他のブロードバンドの中でも通信速度が速いので、安定して利用ができます。

つづいては、楽天モバイルです。他のブロードバンドと比較すると少し高いプランがおおいですが、その分選べるサービスが多く、格安SIM初心者にはおすすめの会社です。

docomo系から乗り換える場合は、docomoの回線を利用しているのでオススメです。

スマモバがdocomo回線なのでこれを選んでもいいでしょう。

au系の場合は、UQ-mobileがおすすめです。auのスマホをそのまま利用ができるのでsimフリー化する必要があります。

是非参考にしてみてください。

スマモバの評判と口コミ例!お得な格安SIMを選ぶ方法!

-格安SIM 比較

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.