格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 総合

格安SIMの乗り換えを不安に思っている人のために

更新日:

スマホの料金を「1000円以下」にすることができることで人気の「格安SIM」。大手キャリアよりも低価格で提供されているため、格安SIMに乗り換えする人も増えてきています。しかし、「スマホの料金が月々安くなるけど、使うのに不安がある」「ちゃんと通話や通信ができるのか不安」など、格安SIMのことがわからず、避けている人もいると思います。そういう人のために、格安SIMを分かりやすく説明したいと思います。

通信速度の制限って何?解決する方法は?

 

【格安SIMとは】

格安SIMとは、大手キャリアであるソフトバンクやau、ドコモが持っている通信設備を借り受けて、各社が独自の通信料や料金を設定しています。そのため、通信設備などの維持や修繕費、サポートという費用がいらないため、大手キャリアに比べて維持費が少なく、利用者に低価格で提供することができるのが格安SIMのメリットです。

 

【格安SIMのメリットとは】

格安SIMのメリットは、先程少しだけ触れましたが、最大のメリットは「利用料金が安い」ということです。各社によって格安SIMのプランが違うのですが、データ通信量を大きくないプランを選ぶことで、「毎月のスマホの料金を3000円から5000円」で抑えることができます。格安SIMにすることで、家計の負担を減らすことができるので、「スマホ代が高い」と思っている人は格安SIMに乗り換えるのも節約のひとつの手になります。

 

【格安SIMのデメリットとは】

メリットがあれば、当然デメリットもあります。格安SIMの最大のデメリットとしては、大手キャリアに比べると「通信品質に差がある」ことです。特に「平日の12時頃」の差は大きく感じます。格安SIMを使用していると、下り1Mbpsを下がるようなことも珍しくないため、サイトを閲覧したり、動画を観る時などは、なかなか通信できなくてイライラしてしまう可能性があります。しかし、平日の12時頃だけの時間帯を除けば、快適に使うことができます。

 

【格安SIMの選び方】

格安SIMには、各社様々なプランが提供されており、「どの格安SIMにしたらいいのか?」と迷ってしまいます。格安SIMの選び方としては「料金」「通信速度」と比較して選ぶと良いでしょう。月々のデータ使用量によって料金も異なってきますが、格安SIMには「音声通話プラン」と「データ通信専用プラン」「SNSプランつき」などがあります。通信速度に関しては、デメリットのところでも触れましたが、平日の12時頃は通信状態が悪くなりますので、それを頭に入れておいて契約する方が良いでしょう。どれのプランがいいとは一概には言えませんので、自分のスマホ環境に合ったプランを選ぶようにしましょう。

 

【格安SIMを選び方2】

大手キャリアのスマホは、同じ通信会社のスマホで通話したら通話料は無料や通話し放題のプランなどがあります。しかし、一昔前まで格安SIMの場合は、どの相手に通話しても通話料は一定で、無料通話や定額プランなどが用意されていませんでした。だいたいの格安SIMの通話料は「30秒/20円」程度なので、電話を多く利用する人にはあまり不向きになってしまいます。

 

しかし、近年の格安SIMのプランには、通話料を抑えるために、大手キャリアと同じく「かけ放題プラン」や「通話定額オプション」など、お得に利用できるようなサービスを提供しています。なので、電話を多く利用する人でも格安SIMは利用しやすくなっています。通話料を抑えたいと考えている人は、通話オプションのある格安SIMを選ぶようにしましょう。

 

【まとめ】

格安SIMについて説明してきましたが、格安SIMに乗り換えるタイミングとしては「スマホの月額料金を見直したい」と思った時です。格安SIMには、大手キャリアのように2年縛りというものがないので、1年に1度くらいは格安SIMの料金の見直しをしていくとスマホ代の節約になりますよ。

コストパフォーマンスに優れたロケットモバイル

-格安SIM 総合

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.