格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 総合

格安SIMを使うことのメリットとデメリット・向いてる人ってどんな人?

更新日:

これまでは携帯電話というと、大手キャリア3社がその市場を独占してきましたが、この数年数多くの格安SIMが登場しています。その一方で、価格だけ聞くとすごく魅力的だけど、でもなんか不安で…という人も少なくないはず。今回は、そんな格安SIMを使うことのメリットやデメリット、格安SIMを使うのに向いている人と使う際の注意点についてご紹介します。

 

【格安SIMを使うことのメリットとデメリット】

格安SIMを使うことで得られる最大のメリットとは、スマホの月の利用料金を安く抑えることができるということです。スマホが私たちの生活になくてはならないものとなった現在、その毎月の利用料金によっては家計に大きなダメージを与えかねません。私自身の経験では、大手キャリアを利用していた当時は毎月約8,000円支払っていた利用料が、格安SIMに乗り換えてから、安い月で約1,700円、高くても2,600円ほどと格段に安く抑えることができるようになりました。つまり大手キャリアを利用していた時と比べ、その利用料金は毎月3分の1から4分の1ほどまでに抑えらていることになります。

 

では、そのデメリットとは何でしょうか。それは使い方次第では、驚くほどに高額な利用料金になる場合があるということです。

格安SIMはその多くが、一回当たりの電話における無料通話の時間が決まっていたり、一ヶ月に利用できるデータ通信量に制限があります。通話の場合ですと、この無料通話時間の制限を超えた通話をしてしまうと、高額な通話料金が発生してしまいます。また最近では何かの商品の問い合わせをする際の連絡先として、「050」で始まる電話番号が用意されている場合がありますが、このIP電話は無料通話の対象外とされているケースも少なくないため、利用明細を見て初めて高額な請求に驚かされることもあります。そのほかに通話料が発生する場合として、国際電話やSMSを利用した場合もありますので、注意が必要です。

一方でデータ通信量にも一ヶ月に利用できる制限があり、それを超えてしまうと通信速度が落ちたり、追加でデータ通信量を買わなければならないといったことになります。

 

【格安SIMを使うのに向いている人】

格安SIMを使うのに向いてる人とは、家にネット環境がある人です。

家にネット環境があることで、一ヶ月に利用できる通信量を節約できます。外出先で使うのはメールやチャットアプリとマップだけなどと決めておいて、ゲームやSNS、動画を見るのは家でするようにすれば、一ヶ月で2~3ギガあれば十分間に合います。また最近では無料Wi-Fiを提供している飲食店や商業施設も増えているので、そういう場所では積極的にWi-Fiに接続してデータ通信料を節約しましょう。ただこの場合安全なネットワークかどうかの判断は自己判断となりますので、セキュリティーアプリを入れるなどして、自分の身の安全は自分で守ることも必要となります。

また通話をする場合も無料通話アプリを利用するなどして、通話量が発生するのを防ぐことができます。この場合注意が必要なのは、外出先で無料Wi-Fiに接続していない状態にもかかわらず、無料通話だから大丈夫と思って長電話していると、そこにはデータ通信料が発生しています。ですので外出先では、あらかじめ決まった無料通話の範囲内での電話にとどめておいて、家に帰ってからネットにつないだ状態で無料通話アプリを使うのがおすすめです。

 

【格安SIMを上手に使っておこづかいを増やそう!】

格安SIMにはいろいろなプランを持ったものがたくさん出ています。各社ごとに見ても、それぞれ3~5タイプほどのプランを取り揃えており、選ぶのに苦労するほどです。それでもこの機会に自分のスマホの使い方を見直して、自分に合ったプランを見つけることができれば、これまでスマホにかけていたお金を自分のおこづかいにできるのです。おこづかいが増えたら、あなたは何に使いますか?美味しいものを食べたり好きな洋服を買ったり、きっと嬉しいことがいっぱいありますよ!

楽天モバイルの格安SIMを使ってみてよかったところとだめだったところ

-格安SIM 総合

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.