格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 経験談

格安SIMを利用してから気づいたこととは?

投稿日:

近年は「格安SIM」が一般化しており、多くの人が利用するようになっています。格安SIMのメリットは何といっても料金の安さです。大手キャリアから乗換えると、月額料金が5,000円程度安くなる人も少なくありません。ただ、安さの要因を理解していないと、乗換える意味の無いこともあります。

 

【そもそも格安SIMとは】

SIMとはスマホの中に入っているICカード(SIMカード)のことであり、スマホを使うために必要な情報が記録されています。格安SIMの利用とは、キャリアのスマホを解約し、格安SIM会社のSIMに変更することです。機種にもよりますが、SIMを差し替えるだけで現在利用しているスマホをそのまま使うことも可能です。そのため、3,000円程度の初期費用でもってすぐに格安SIMを使うことができます(キャリアの契約解除料が発生)。

また、格安スマホと呼ばれる、格安SIMを利用するための安い端末が豊富にあります。

 

【格安SIMの料金が安い理由】

格安SIMの料金が安いのは、キャリアの通信サービスを利用し、人件費などのコストをかけないようにしているためです。

 

キャリアは自社で通信設備を構築し、高い経費をかけて維持し、店舗を設置して端末を販売しています。一方、格安SIM会社(MVNO)は自社では通信サービスの設備投資を行わず、販売も実店舗を持たずに家電量販店などへ委託しています。つまり、キャリアよりコストを大幅に削減できていることが料金の安さに繋がっています。

 

【格安SIMにおけるメリットとデメリット】

格安SIMにおける主なメリットとデメリットは以下になります。

  • 1.メリット:月額料金が数千円下がる。
  • 2.デメリット:速度が遅くなる可能性がある。

 

1.メリット

格安SIMは月額料金の安さが最大のメリットです。一般的なキャリア利用者の月額平均料金は7,000~8,000円になっていますが、格安SIMにすると、2,000~2,500円に下がります。

 

例えば、キャリア(docomo)では以下の料金体系になっています。

  • 基本料金(カケホーダイライト):1,700円
  • パケット料金(データMパック):5,000円
  • ネット接続料金(SPモード):300円

計7,000円

 

それが、格安SIMになると、基本料金(5GB+通話機能)の1,980円で済みます。その差は約5,000円です。

 

ちなみに、キャリアから格安SIMに乗換える際にかかる費用は以下になります。

・キャリアにかかる費用:約13,000円

MNP転出手数料(2,000〜3,000円)+契約解除料(約10,000円)

・格安SIM会社にかかる費用:約3,000円(契約事務手数料)

 

2.デメリット

格安SIM会社に乗換えた場合のデメリットは、速度が遅くなる可能性です。格安SIMはキャリアから通信回線の一部を借りています。

従って、昼休みや通勤時、帰宅時など、多くの人が同時に通信を利用する時間帯では通信速度の低下するケースが多くなります。

WEBサイトの閲覧やLINEのやりとり程度では支障はありませんが、動画を見たり、ゲームをしたりするとストレスを感じるようになります。

なお、格安SIMごとに借りている回線容量や顧客数が変わるため、格安SIM会社によって速度が変わります。

 

【機能における格安SIMとキャリアの違い】

格安SIMとキャリアでは以下のような機能面での違いがあります。

・サポート

格安SIMは実店舗を持たないため、サポート面での不安が残ります。

・メール

格安SIMは当然、フリーメールしか利用できません。

・LINEのID検索

LINEのID検索に必須となる年齢認証(SMS機能)はキャリアとの連携によって行われるため、格安SIMは利用できません。

・デザリング

格安SIMではほぼデザリングを使用できません。

 

混雑する時間帯を除けば、通信を多く利用する人にとって格安SIMの低料金は大きな魅力です。なお、現在のキャリアは通信量によって料金が設定されるようになっています。従って、無料Wi-Fiの利用などで有料通信量の少ない人にとっては、キャリアから格安SIMに乗換えるメリットはそれほどありません。

スマモバの評判と口コミ例!お得な格安SIMを選ぶ方法!

-格安SIM 経験談

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.