格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 総合

格安SIM導入でお手頃価格なコミュニケーション可能に

投稿日:

格安SIMってよく聞くけど、どんなものかわからない、どこへ行けば教えてもらえるのか知らない、という方は多いと思います。

自分の場合もそうでした。ただ、海外旅行に行くときに、海外でも使えるようにする海外ローミング、またはレンタルの海外用Wi-Fiの値段を見て、「高い!」とびっくりしました。

 

そこで、どうにか海外での通信を安くする方法はないかな、と情報を探し、格安SIMにたどり着きました。

結果として、その選択は大正解。格安SIMに代えたことで、国内での通信においても、多くのメリットがあり、デメリットは自分にとってはほとんどないことに気づきました。

そこで、格安SIMの情報を求めている方のために、3つのメリットと2つのデメリットをご紹介します。

 

メリット1.<月額料金がかなり安くなる>

スマホの通信はメールとニュースを見るのがほとんど、電話もほとんどしない、という方も多いと思います。

一方、ゲームやyoutubeの視聴でかなりデータを使う、という方もいます。格安SIMは月3GBの月額1000円前後のプランから、月30GBの月額5000円前後のプランまで豊富な選択肢から選べます。

 

また、ゲーム専用にデータ通信のみ希望という声にもこたえる「データ専用SIM」というプランもあり、さらに安価な月額料金が設定されています。

3大キャリアに比べて、相当お値段をおさえることができますね。

格安SIMは遅いんじゃないか、よく聞こえない、カバーエリアが少ないんじゃないかなど不安もあるかと思いますが、格安SIMは3大キャリアのいずれかの通信網を使っているし、個人的にはほとんど差を感じることはありませんので安心して乗り換えられると思います。

 

メリット2.<自分の通信機器でデータを分け合える>

仕事でノートパソコンを持ち歩くことが多いのですが、格安SIM対応のパソコンにしておけば、出先でもカフェでもパソコンで情報を収集することが出来ます。

しかも、データは分け合えるので、スマホのSIMと入れ替えたり、SIMカードをパソコン専用に一枚余分に増やしておけば、一か月の契約料金の中でパソコンとスマホの両方で使うことが出来ます。

自分にとっては、この機能がとても助かっています。

 

メリット3.<2年しばりなどの長期間の束縛はほとんど無し>

スマホを新しく買い替えたりすると、2年は違うキャリアに代えられない、という拘束期間があることが多いのですが、格安SIMだとそんな束縛はほとんどありません。

メーカーによっては半年、1年は使ってください、というのはありますが、試用期間ともいえる、その期間も多くのメーカーを比べて、自分が納得できる期間を選べばよいし、違約金も3大キャリアに比べれば相当安いので、拘束期間の長さに悩むということはありません。

一方で、もちろん格安SIMを使うために必要なデメリットもあります。

 

デメリット1.<格安SIM対応のスマホへの移行が必要>

三大キャリアのスマホはそのSIMしばりのスマホがほとんどですので、格安SIMを導入したければ、格安SIM対応のスマホを新たに購入する必要があります。

しかし、最近では1万円台の格安SIM対応スマホもあり、スマホを新しくでき、しかも今後の月額料金も安くできるし、格安SIMのメーカーは自分で好みのメーカーを自由に選べると考えれば、初期投資としては問題ないかな、と思います。

 

デメリット2.<三大キャリアのe-mailが使えなくなる>

三大キャリア専用のe-mailのサービスはあくまでそのメーカーのものですから、格安SIMへの変更でこのサービスは使えなくなります。一方で、最近はLINEでやり取りすることも多く、このデメリットはそこまで大きくないと思います。

以上のことからも、格安SIMへの変更はメリットがほとんどで、デメリットらしいデメリットはないことがわかります。

自分は格安SIMに代えることで、さらに海外でも現地の安い格安SIMを利用可能になり、現地でのトラブル回避や必要な情報に役立ちました。

格安SIMの情報に悩んでいる人に、いくらかでも参考になればと思い、書いてみました。

格安SIMを夫婦で使うならどこがお得になる?

-格安SIM 総合

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.