格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 総合

大手キャリアから格安スマホにして通信料はかなり安くなった

投稿日:

<総務省の横やりでMNPはもうお得感がない>

今までドコモやau、そしてソフトバンクなどの大手キャリアのスマートフォンを利用していましたがどれも毎月の通信料が高く不満に思っていました。

さらに総務省の横やりのおかげで、大幅値引きでスマートフォン自体を安く買うことができたのがそれもできなくなってしまいました。

 

それまでは2年ごとにMNPをして新しいiPhoneを購入していましたが、今後は新しいiPhoneを買うのは難しくなってきました。

iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンは、2年も経つとバッテリーの寿命が尽きてしまうので、2年ごとにMNPをしていった方がお得感がありました。

 

一応バッテリー交換もできますが補償サービスに入っていれば割安でバッテリー交換はできますが、私はMNPをしても補償サービスに入っていませんのでそれだとバッテリー交換は割高になります。

メーカーでバッテリー交換をすると割高なので、非正規店でバッテリー交換をすれば割安ではありますが、万が一のことを考えると怖くて非正規店でのバッテリー交換はしませんでした。

 

そうした理由からも、2年ごとにMNPをして新しいiPhoneを手に入れた方がお得だったわけです。

それが総務省の横やりで安くiPhoneを手に入れることがもう難しくなってしまったので、最近は非正規店でのバッテリー交換を視野に入れておく必要があると考えるようなりました。

 

<大手キャリアから格安スマホの楽天モバイルに乗り換えた>

それとMNPをして大手キャリアと契約するお得感はもうないので、最近ソフトバンクから楽天モバイルの格安スマホにしました。

以前はauのiPhoneを使っていましたが、MNPをしてソフトバンクに乗り換えました。そこから楽天モバイルにしましたが、ソフトバンクは3ヵ月間しか契約をしませんでした。

 

ソフトバンクは短期解約をすると次に契約をする際に契約を拒否されやすいということを聞いていましたが、毎月高い通信料を支払うのはもううんざりしていたので、この機に楽天モバイルにMNPにしました。

ソフトバンクでの解約違約金やMNP転出料など支払うのは経済的にも痛かったですが、楽天モバイルにすればその分のお金は数か月でペイできると思っていたので、思い切って楽天モバイルにしました。

楽天モバイルでも新規事務手数料はかかりますが、これはどの格安スマホでも原則かかるものなのでこの部分はしょうがないと思っています。

 

<楽天モバイルはコストパフォーマンスに優れている>

楽天モバイルの契約はスーパー放題プランSにしました。

一番安いプランですが、かなりコストパフォーマンスが良いです。

それは通信は2GBまで高速通信ですが、それを使いきっても1MBbpsの低速回線を使うことができるからです。

 

大手キャリアではパケット制限になるとほぼネットや動画などを見るのが遅すぎて使いものになりません。

ですが、楽天モバイルでは高速通信を使いきっても無制限で1MBbpsで使うことができます。

 

このくらいの速度があれば、ネットサーフィンやYouTubeなどの動画が普通にストレスなく見ることができます。

低速回線はいくら使っても無制限なので、これはコストパフォーマンスに優れていると言っても良いと思います。

それに楽天モバイルでは貯めた楽天スーパーポイントを楽天モバイルの料金に充てることができるも良いです。

 

しかもこの楽天スーパーポイントは、期間限定でのポイントまで楽天モバイルの料金に充てられるというのが魅力を感じます。

期間限定ポイントは利用できる期間が短いので結構失効してしまうこともありましたが、楽天モバイルにしてから利用料金にその期間限定ポイントが使えるようになって嬉しく思っています。

 

楽天モバイルは3年契約をしましたが、2年目までは割引などを使って月額1600円ほどです。

しかもその1600円は楽天スーパーポイントで全て賄っているので実質的には無料で今は使えています。

大手キャリアで毎月高い通信料を支払っていた時期からすればかなり安くなりましたので、貯蓄もできるようになりました。

格安SIMはサービス内容と自分の使用スタイルを把握することが大切

-格安SIM 総合

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.