格安SIMの上手な選び方

スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!?

格安SIM 総合

格安SIMは選択できるのがいい!自分のプランを発見しよう!

更新日:

「格安SIMのメリット」

格安SIMのメリットと言えば、基本料金が大手キャリアと比べると驚くほど安いことです。

それは格安SIMによっては、月の高速データ通信量が1GBのプランなら、データ専用のSIMなら月の料金が500円適度からです。

また、通話のSIMでも月額1200円程度からになっています。

 

さらに毎月決まった高速データ通信料を選ぶことで、毎月定額で使える定額プランと、毎月使った分だけの支払いになる段階制プランの二つに大きく分けられます。

そして各プランでデータSIMと通話SIMが選ぶことができるので、用途に合わせさまざまな料金プランから選ぶことができるのです。

また、定額プランであっても1GBから50GBまで用意されている格安SIMもあるほどで、自分が使用しているデータ通信量に合わせてプランを選ぶことができます。

さらに、月に1度はデータ通信量の変更が可能な格安SIMがあるなど無駄なく使うことができるようになっています。

このことから、プランが豊富なので自分に合った最適なプランを選ぶことができるの格安SIMのメリットです。

また、MVNOではお得なキャンペーンを実施しているのもメリットの一つです。

キャンペーンの内容としてよく行われているのが、一定期間、基本料金を割引にするキャンペーンや、セット販売する端末料金を割引にするキャンペーン、キャッシュバックのキャンペーンなどです。

基本料金の割引キャンペーンに関しては、BIGLOBE SIMやmineoなどが実施していることが多いです。

端末の割引キャンペーンに関しては、楽天モバイルが毎月のように実施しています。

基本料金そのものが安い格安SIMですが、キャンペーンを利用すると、よりお得に利用できるのがメリットです。

 

「格安SIMのデメリット」

大手キャリアと違ってくるところと言えば、実店舗があるかどうかです。

大手キャリアのユーザーなら、機種変更やトラブルがあったときに、ショップに行けば解決してもらえることが多いです。

しかし格安SIMは、申し込みから初期設定まで、場合によってはMNPの切り替えまで、自分で行う必要性があります。

さらに、利用しているときトラブルが起きたとしてもショップで対応してもらうのが難しいです。

とは言うものの、格安SIMもお問い合わせ窓口やチャットでのサポート、有料のサポートオプションサービスも提供していますが、大手キャリアのほうが実店舗がある分、安心感があると言えそうです。

 

設定が苦手な方や、機械に弱い人にとっては格安SIMは実店舗がほとんどない分、サポート面で不安残るデメリットがあります。

また、格安SIMを利用すらデメリットとして言われているのが通信速度です。

常に遅いという訳ではないのですが、通信速度が低下する時間帯があります。

それは、通勤時間帯や昼休みで、特に12時から13時は速度が不安定となり急激に速度が低下することがあります。

回線が混み合わない時間帯は快適ですが、利用が一気に集中してしまう時間帯は、速度が低下してしまう傾向があるのがデメリットです。

 

しかし、UQコミュニケーションズのUQmobileは、回線が混み合う時間帯も快適に利用できると評判のようです。

また、大手キャリアから乗り換えると普段使っているキャリアメールが使えなくなるので、キャリアメールをよく利用している方は注意が必要です。

一方、mineoやUQmobile、楽天モバイル、BIGLOBE SIMなどの一部に関しては、独自のメールサービスを提供しているのでキャリアメールが必要な方にとっては良いようです。

 

また、格安SIMの場合は、それぞれサービス内容が大きく異なるのが大手キャリアと違いデメリットになる場合があります。

それは、大手キャリアは内容が若干異なるものの基本的なサービスは似ていますが、格安SIMはスマートフォンの販売、支払い方法、提供するオプションサービスなどが場合によってけっこう違うことがあります。

申し込みの前に、サービスの内容を確認するのが格安SIMでは需要になるようです。

特に電話をよくかける方にとっては、大手キャリアにあるかけ放題サービスが、格安SIMによっては提供されないこともあるので、デメリットになる可能性があります。

格安SIM(楽天モバイル)2年使った私の体験談

-格安SIM 総合

Copyright© スマモバの評判は?他社乗り換えで格安SIMがさらにお得に!? , 2019 All Rights Reserved.